« 年末年始には欠かせない名刺 | ホーム | 7大接客用語 »

2014年03月04日

「黄金比」と名刺

今回は、皆さんがよく手にする名刺のサイズについてご紹介いたします。

名刺の一般的なサイズは55×91mm。

これは縦横の比率が1.654で「黄金比」とほぼ同じといわれています。
「黄金比」とは、人が見て安定して調和のとれた最も美しい比率のことです。

巻き貝や昆虫、植物の葉の並び方といった自然界のバランスから、
パルテノン神殿やピラミッド、モナリザといった建築物・美術作品まで
この「黄金比」で構成されているといわれています。
※厳密に言うと「黄金比」は1.618、名刺は1.654です。
 ちなみに欧米では51mm×89mmと一回り小さくなります。

また「白銀比」というのもあります。

こちらは普段よく使用する紙のサイズ、
A4とかB4とかがこの「白銀比」にあたります。

私たちはこういった絶妙なバランス感覚を、無意識に身につけているのですね。
そんな美しいバランスを持った「名刺」を私たちは日々心をこめて作成しています。

名刺に関する情報は、Facebookからも情報発信しています。
https://www.facebook.com/houjinmeishi

2014年05月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ